米国も訝る日本の感染状況

.opnion medical

在日米国大使館は滞在中の米国民に対し、4月3日付で健康警報(ヘルスアラート)を出しました。中身を読むと、米国CDC(感染対策予防センター)が「日本では広範に調査をしないので感染率を正確に把握するのが難しく、・・・今後日本の医療がきちんと機能するのかどうか予測できない」とし、「帰国した方がいい」と勧めています。要するに、日本の統計数字は信頼性に乏しいと米国にも云われたわけで、日本政府や関係者は面目丸つぶれ。

・・・

4月3日在日米国大使館は日本に滞在中の米国民に対し、Health Alert(健康警報)を出しました。曰く、新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の感染数を比べると日本は欧米に比べて少ないが、それは広く検査をしていないからで、正確に感染率を評価するのが難しいという判断です。

The Japanese Government’s decision to not test broadly makes it difficult to accurately assess the COVID-19 prevalence rate.

さらに曰く、米国CDC(感染対策予防センター)が日本全国の状況を詳しくチェックしたところ、今後著しく感染が進めば医療サービスがどうなるかは予測できない。持病がある米国民は今までの医療サービスが受けられなくなるかもしれないので、飛行機が飛んでいる今のうちに米国へ戻った方が良い、というものです。

we believe a significant increase in COVID-19 cases makes it difficult to predict how the system will be functioning in the coming weeks.
・・・
U.S. citizens with pre-existing medical conditions may not be able to receive the medical care they have grown accustomed to in Japan prior to the COVID-19 pandemic

感染者数だけでなく死亡者数にも疑義ありと考えている私からすると、米国の、日本の感染統計では実情がわからない(把握が困難)という言い分はその通り。ただ、日本における試験の不十分の評価には触れず、それが日本の意志決定であったことを示唆するのみ。

でも、米国のいったいどこに戻るんだ、昨今の感染実態からすれば米国の方が日本よりよっぽど危ないじゃないか、感染のひどいNY州等以外なら日本よりマシという判断なのか。それとも、それら米国内の都市より日本が今後深刻になるという、もっと強い根拠があってのことなのか、だとしたらそれは何か、等と余計なことを考えてしまいます。