日本にやってきたワクチンは何処に?

.opnion health/sickness

日本で新型コロナワクチン接種が大幅に遅れ、先進国の中では最低レベルの進捗率なのは先に示した通り。ところが、EU(ヨーロッパ連合)から日本へ出荷されたワクチンの総数は約5230万回分、人数にすれば約2600万人分で、EU以外では日本へ最も多く輸出されていることが判明しました。(追記 4/30)河野太郎担当大臣は自身のTwitterで、「数字が違うので確認してもらっている」(27日)としているが、その後の報告や正確な数字の提示はありません。真相は如何? (追記2)朝日新聞は30日になってやっとこの件を報道。 

・・・

EU(ヨーロッパ連合)の内部文書をブルームバーグが確認したところ、「1月31日から4月19日までに43カ国向けに1億3610万回分のワクチン輸出を許可した。このうち約5230万回分が日本に出荷された。」とのこと(出典はBloomberg、日本版は「EUから1月末以降出荷のコロナワクチン、日本へ最多の5230万回分」4月22日)。

ところが、4月27日現在で日本でワクチン接種が行われた回数は322万回余ですから、EUから出荷されたワクチン総数の約6%となります。他の94%のワクチンは日本に来ているのか、日本に到着しているならいったい何処にあるのでしょうか。

厚労省の発表によると、ワクチン接種数は4月9日までに 1,592,517回。官邸発表(4月27日時点)によると、医療従事者向けに3,109,740回、高齢者向けに115,724回で、合計3,225,464回。

5230万回のワクチンが4月19日までに日本へ出荷されたという、このニュースを報じた日本のメディアは、奇妙なことに殆どなし。ググってみましたが、Bloomberg日本と専門サイト以外には見つけられません。なぜ? 国民には知られたくない配布調整上の複雑な理由があるのでしょうか。

Bloombergの話が本当なら、国はすでにワクチンを確保しているのに、国から地方自治体へのワクチン配布が大幅に遅れていることになります。最近、自治体側の準備が整っていないから接種が遅れているかのような報道を散見しますが、国側が自らの責任を回避しようとマスコミ操作をしているのではないかと疑ってしまいます。

国は都道府県ごとの人口やその年令区分など、当然把握している筈。年令区分の人数に応じて計算し、国はさっさと人数割で都道府県に配布し、都道府県は市町村にさっさと配布したら良い筈。5230万回分のワクチンのうちの例えば4500万回を人数割りですぐに配分し、残りの730万回分は、当初の割り当て分を全て接種した自治体からの請求に応じて配布するという方法もあり。-80〜-90℃の冷凍庫の全国配置は出来ているので、自治体側も対応可能な筈です。

最近、マスコミは「国は○月○日以降、○本を配布すると発表」などと流しています。でも、自治体側が欲しいのは「○月○日までに確実に○本配布する」という確約。確約がないと自治体側はワクチン接種の予約を本格的に始められません。

いずれにしても、日本にやってきたワクチンがいったい何処にあるのか。なぜ日本の新聞テレビはこの問題を報じないのか。何か大きく厄介な問題が潜んでいるような気がしてなりません。