最近のエアライン

.opnion .Travel & Taste

先日スカイマークが経営破綻。その羽田発着枠をめぐって各社必死の模様です。
日本だけでなく世界を見回しても航空業界はかなり厳しそう。日本経済だけでなく中国経済もだんだん怪しくなり、ヨーロッパの不況がどんどん深刻化してきたせいでしょうが、サービスが低下したり無くなったりするのはイヤですね。

・・・

2月1日を最後に英国のヴァージンアトランティック(VS)が日本から撤退しました。日本では約25年間の運航だったそうです。東京<>ロンドン間は不採算路線ではなかったのに何故止めるのかといえば、大株主になったデルタ航空との柵みが影響しているのだ、という話が出ていました。

また、ブリティッシュエアウェイズ(BA)は大幅にマイルの積算方法を変更。ファーストやビジネス客に比べ、エコノミークラスのマイルが4分の1になるそうな。一番力のない層にしわ寄せしようというわけでしょうが、エコノミー客からすれば大きな後退でがっかり。

米国に目を移せば、アメリカン航空とUSエアウェイズが合併発表した昨年に続き、LCCのサウスウエスト航空によるエアトランの合併。背景にあるのは格安航空会社と対抗する巨大エアの攻防戦なんでしょうが、二極化はどんどん進行中。

そして、関空(KIX)発着のエアライン。中国・アジア方面の便が圧倒的に多く、KIXからヨーロッパにまともに飛べるのはLH、AY、KLMくらい(いつのまにか、KLMとエールフランスはいっしょの会社)。

luft1502そのうちの1つ、ルフトハンザLH。こちらもヨーロッパの航空会社をどんどん吸収して巨大になってきました。ちなみに、現在のスイス航空やオーストリア航空はルフトハンザの完全小会社です。

そのルフトハンザも懐が苦しいのか、ここ数年マイレージの取り扱いがどんどん変化。私にとって一番大きいのはマイルの購入ができなくなったこと。以前は年間1万マイル程度に限って買うことができたのですが、昨年秋に廃止。おまけに、昨年は無料だったエコノミーの席指定が有料化。今まで無料だったサービスまで有料にしてしまうと、この先どうなることやら。

一方で、オンラインチケット購入はかなり便利になりました。以前は席のアップグレードをしようとしても、席が空いているのかどうかもわからないし、手続きも電話で面倒だったのですが、今は空席あり&マイルなどの条件をクリアしていれば簡単にワンクリックでアップグレードできちゃいます。まだまだ当該Websiteはバグ気味だけど(苦笑)。

これからヨーロッパはいっそう不況に陥っていくだろうし、日本もアベノミクスの後遺症がこれから…。そんな中、エアライン事情もより厳しくなっていきます。旅行好きには難儀な時代だな。

snow150201