イメージ. フクシマ

.opnion .お知らせ 3.11

金沢21世紀美術館(石川県金沢市)シアター21において、福島の現在・過去・未来をイメージするための映画6本+トークセッションが開催されます。2011年11月26日と27日。
映画は土本監督の「原発切抜帳」や「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」(森崎東監督 倍賞美津子さんや原田芳雄さん共演)や最新の「相馬看花」(松林要樹監督)まで多彩なラインナップ。トークショーは吉野裕之さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)や金沢に子どもたちを避難させた人たちなど。

会員向けの案内にありましたが、なぜかしら美術館HPには載っていないので私が勝手にお知らせします。美術館のゲリラ活動? だとしたら大拍手。また、金沢のシネモンドでは26日から「チェルノブイリ・ハート」を上映することになっています。

(追記)イメージ. フクシマのHPはこちら