えりまき

朝一番、パイオニア設備工業の福岡代表から突然の電話。建屋内の排水管は結露対策などで通常はグラスウール巻きにするのを、拙宅では鉱物ウール素材を使わないことにしているため代替品を考えたいとのこと。グラスウール巻き以外には石綿2重管(耐火2層管)なんてものさえあるらしい(石綿とはアスベストのこと)。

福岡さんの提案はシーシーアイ株式会社の「音ナインSX」という製品で、製品仕様を調べてみると防音防露仕様でパイプの回りをウレタンフォームとEPDM(合成ゴムの一種)、PETで覆ったもの。グラスウール巻きやアスベストに比較するとずっとマシということで了解しました。建材素材のひとつひとつまで関係業者のチェックの目が行き届いているのは本当にありがたい。
 それにしてもアスベスト建材っていろんなとこに残っているのですね〜、唖然の朝でした。

現場は、土壁が終わり新展開へ。棟梁らは「ゆかづか」(城東化学工業)の設置を開始。当初、木組みの束で設計していたんですが、ナイロン束の方が施工的にも楽で後のレヴェル調整も簡単、腐りの心配もなしという理由でこれに変更しました。城東化学工業の製品を使ったのは、ベタ基礎置きの接着剤の内容を公開していたからです。城東の製品にも大引受けが樹脂製のものと防虫・防腐・防蟻処理済みの合板(!)のものがあり、原田建設側ではちゃんと有害化学物質なしの樹脂製のものを選んで下さいました(感謝)。ここらも一つ一つ調べないと、とんでもないものを使ってしまいそうですね。

601yukaduka601haisuikann

城東工業のゆかづか。右は「音ナインSX」断面

正午前また突然の電話。黒姫高原のペンション「ふふはり亭」オーナーの南夫妻が信州に戻る経路の寄り道で工事現場を観たいとのこと。JR小野駅前で待ち合わせて現場へ。わずかでしたが楽しい談笑の一時でした。

土壁ぬり完了

晴れ。朝一番で土が来るとのことでしたが、土よりも先に原田建設の奥村さん、田辺さん、そして原田左官父子の方が現場に到着。残り部分は少しだったせいもあり、午前中で塗り完了。後片づけをして土壁塗りはオシマイ。一段落で缶コーヒーを飲みながら、原田左官の親方から、興味深い昔の壁塗り話や倉壁の話をうかがいました。午後、奥村さんと田辺さんは現場の大掃除と草刈り。きれいさっぱり片づきました。ご苦労様でした。

529atosimatu529kabe

綺麗に後片づけ、ご苦労様でした。右は2日後の外壁、だんだん水分が浸みだしてきた。

裏返し

天気は曇り。土壁の裏返しをはじめる。裏返しとは最初に塗った面の反対側を塗ることから来るらしいが、当初どないしたら引っくりかえせるのかしらんとホンマに悩んだりした(爆)。左官は原田左官父子、手元を大工の奥村さんと田辺さん。それにもう一人知らない方1名、後で聞くと某建材屋の社長さんが手伝いにいらしてたとのこと、ありがとうございました。夕方5時過ぎ、土がなくなり明日の作業に若干の残りを回すことになりました。

528tuti1528kabe3

藁スサ混ぜて土準備、搬送開始。今日も達者な原田親方

528kabe1528kabe2

原田左官の若大将は左利き。塗りに合わせて土を投げ渡す大工さんもなかなか大変

528kabe4裏側に土壁を塗ったので、その水分が表側に浸みだし、竹や貫の部分以外に出てきて左のような模様になりました。これで約3時間後の状況、すぐに浸透してくるわけでなく、じんわりと滲んでくるのは面白い。土の吸湿作用の実演みたいなもんですね。

実は先週末から工事現場に奇妙な異臭あり。何かが腐っているのではないか等とあれこれ調べていると、原田棟梁曰く土ではないかとのこと。
拙宅では未発酵の土で土壁を塗っていますが、前回表を塗った時の残りの土を現場に残していたのが昨今の陽気で発酵が進んだみたいなのです。ああ、これが噂の土壁特有の発酵臭かと納得ですが、こりゃ相当変わった臭いだなぁとも思います。原田左官の親方によると、本当に発酵するともっと臭いがするのだそうで、住宅密集地で発酵土を使うと近隣からクレームが来るというのを実感。いやはや、話に聞いたり本で読んだりするだけでは臭いの内容まではわからない、ということです。

土ふたたび

527tuti今日の現場は大工さんの作業なし。午後現場で浴室乾燥機カワックの取付に関する打ち合わせ。原田さん、パイオニア設備の福岡さん、奥村さん、それに大阪ガス代理店カツラギの方。検討課題いろいろ。
明日から土壁裏返しの予定ということで土が届く。荷台に藁を敷いているらしく、ストッとドロ土が落ちるのが意外。運搬してきた土屋さんに聞くと、土は野洲川の土手付近のものだとか。どうりでユスリカが出たり、緑色のカビ類が出てくるわけです。

ソーラー申請変更

526rail建築工事が当初予定よりも大幅に延長しなければならなくなったため、ソーラー発電補助について変更承認申請を提出。

午後から書庫の移動書架レール設置工事。京都の西京コクヨの田村主任と工事担当者2名で建築工事で作った地中梁の上にレール設置。これで平米1トン耐荷重の準備完了、後は床を張って書架を組み立てるだけです(ひと安心)。右写真の穴は地中梁下の通風のため。

昨晩からの大雨がほぼ止み、どうやら週末は晴れそうな感じ。

お休み

原田建設より土壁裏返しは今週末金・土曜日に施工との連絡あり。今日も作業場加工で現場なし。千田・池田さんへシンク排水について電話で問い合わせ。

現場なし

早朝からひさしぶりの雨、晩遅くまで続く。原田建設から、今日は作業場で木材加工をするので現場はなしとの連絡あり。工期延期によるソーラー発電補助金申請の書類変更について新エネルギー財団に問い合わせ。

ちょっと買い物

京都六地蔵の家具店・プラナへ、清水明さんの電灯スタンド受け取る。大谷さんのイスも購入決定。野村テーラーで座布団生地を購入。大阪ガスのショールーム・デリパ京都で浴室乾燥機カワックの新製品を知る。これは外壁でなくても設置可能な壁付けタイプで、これだったら拙宅でも可能だと連れ合いと相談する。

大引

庇工事はステンレス屋根を載せ完了。大工さんは鴨居や大引き、壁下地などの作業を継続中。原田棟梁は一部のサッシ枠をとりつける。

522kabe523oobiki

塗り8日目の2F西壁。大引は桧3寸5分の芯持ち

かび

昼前後に婦民の山口さんと電話、昼諫早の大城さんに電話。水野さんに電話。洗剤意見書書き。夕方5時半〜6時半、現場にて電動ブラインドシャッターのオイレス工業と打ち合わせ。その際、原田さんに変更分を伝える。

521kabe521kabi

1F西壁には未だ水気が残っている。右は、竹にカビが発生したところ。自然素材の宿命かな。