ソーラー温水

大工の奥村さん田辺さんはソーラー温水器架台を土台に取付。午後原田さん来訪、風呂場、東側柵の件などを打ち合わせ。晩、連れ合いと柵仕様を決定。

920nureen920solar
濡れ縁の濡れ色はリボスのカルデット黒。うざさん、スイカはここで食べましょう。右は、地上置きのソーラー温水器架台

濡れ縁に塗装

雨を気にしつつ、濡れ縁の上塗り黒塗装。予想に反して天気が良くなり安心。夜間や早朝、塗装中の濡れ縁に土足で入り込む不届きモノがいるのが足跡から判明。困ったことだ。

障子は現場張り

風呂桶現着。クレオソート塗装ではなくリボスのドノスで塗装されているのを確認。
大工の奥村さん田辺さんは2Fの掃除や風呂場タイル下地ブロックの設置。
勝部建具さんは昨日来の建具取付。遅れていたリボス塗料がやっと到着、濡れ縁下地にディブノを塗装。雨が降らなくて良かった。

918bath918bath2
樋口製作所製の木風呂到着。風呂桶下地のブロック積み

918shouji
障子は現場張り

天水尊設置

奥村さん田辺さんは雨水タンク・天水尊を取付け、犬走りに砂利まき。
パイオニア設備の若松さんは洗面所の洗濯機パンを設置。勝部建具さんは引き戸やドアなどを持ち込み、据付開始。障子は現場張りです。
午後、原田さん来訪で工事内容でこまごまと打ち合わせ。4台目の温度計「おんどとり」到着、しかしリボス塗料はホルツェン神戸のミスで未出荷が判明>おかげで塗装作業が延期(哀)。
晩、エコテック岩井さんから電話あり。桜井さん経由でお聞きしていた不明点、売電メーターの逆転の件、インバータや売電メーターの精度、相違・・・について専門的な説明をして下さいました。感謝。

917dodai917tennsuison
天水尊とソーラー温水器の土台。天水尊とは地蔵尊のもじりか

917tategu2917tategu2
障子、建具の現場搬入。2F引き込み障子に大満足

917sentakuPan
洗濯機パンはPP-FRP。拘るならコンクリートでやるべきだったかな

天水尊

916tensuison天水尊が現場に到着。これとソーラー温水器の土台づくりを奥村さんと田辺さんの2人で実施。パイオニア設備の奥村さんは現場進捗状況の様子見がてらに来訪。

写真は袋入りの天水尊

木こりのイス

914mokuisuときどき雨。その雨間を縫って濡れ縁完成。板切りに併せて、裏側を柿渋塗装で追っかけ。濡れ縁下には砂利を敷きました。
パイオニア設備経由で大阪ガス代理店のかつらぎさんによる浴室乾燥機カワックの取付完了。晩、原田さんから天水尊の件で電話あり、何かの手違いで容量が大きいタイプとなった模様。
大工さんに松梁の余り部分を加工しした簡易イスを作ってもらいました。サイドに取っ手用の切り口があります。後は塗装するだけ。名付けて、「キコリのイス」。これに塗装等工夫すると、なかなかいい出来になりそうです。

914nure-en0914nure-en
柿渋は後で濃くなります。角部は野外会食用のイスに活用予定

濡れ縁

大工作業は棚制作取付と外部廻りだけとなり、今日は濡れ縁の土台づくり。原田棟梁と奥村さんが施工。濡れ縁土台には柿渋を塗ることにし、有田は大工作業後暗くなるまで塗装作業。
午後、左官の親方がやってきて壁の中塗り続行。
ホルツェン神戸へリボス塗料を発注。ニッシン産業へ記録式温度計を再発注。

913nure-en
土台は芯持ちヒノキ

ヤマボウシ

黒姫高原のペンションふふはり亭へ(12日まで)。預かってもらっていた森莫郎さんの版画を受け取りがてら、しばしの休息。途中松本に立ち寄り、木工家具の「グレインノート」で小ぶりなイスを一脚購入。ふふはり亭ではヤマボウシの実を摘んで楽しんだせいもあり、新居の庭にもヤマボウシを植えようか等と連れ合いが言い出し始める。
その間、工事現場はキッチン天井張り、玄関土間コン打ち、壁中塗りなどを施工。

911doma911Ktenzou
玄関タイル下地コン。キッチン天井はジプトーン

マスゲーム

キッチン天井素材で吉野石膏に製品安全データシートをお願いしていたら、なんとまぁ、どの石膏ボードも全く同じもの!化粧紙の素材、塗装について知りたいと直談判し、技術担当らしき方に防火に有機リン酸塩は使っていないことを確認(公式書類には出てこない)して一応安心。吉野石膏のジプトーンを採用することにし、原田建設へ連絡。
それにしてもほとんどの壁紙が有害な有機リン酸塩を使っているなんて、塩ビ排除しても何の意味もないじゃないかと暗澹たる気持ちになりました。これから家を作る方は要注意。

909exbath
マスゲーム!と化した配管ライン、中央黒が水タンクのマンホール。