aritah のすべての投稿

引っ越し

引越。たった2文字だけど、なかなかシンドイ作業です。しかし、ヤマト引越サービスはなかなか機敏でテキパキとしており、引越がすいすい進みます。らくらくパックにして良かった良かった。旧居と新居の距離が歩いて3分程度と短いこともあり、午前中に荷物をトラックに積み込み、積み下ろしは午後。6人体制に途中で2名の応援も加わり、あっという間に作業終了。天気が良かったので3時に皆で拙宅濡れ縁でハーゲンダーツ。濡れ縁という言葉を知らない若いスタッフが「サザエさんの縁側だ〜」と言ったのには、一同納得でした。また、別のスタッフ曰く、「何軒もの新築の家に引越に行ったけど、目がチカチカしたり頭が痛くなることが多かった。でも、ここではそんなことはなかった」とこと。そういう有害物質は一切排除して建築したので当然といえば当然ですが、居住者、施工者だけでなく引越屋さんまで、その恩恵にあずかれたのは幸いでした。かくして新居1日目とあいなりました。

これが最終の工事日記です。ご精読ありがとうございました。

設備工事終了

1015dennki朝棟梁が工事フェンスの引き取りに来訪。2F客間用にと東急ハンズに注文していたベンチベッド到着、通販生活のココベスト追加分も到着。
ケイテックの加藤さん川崎さんがインターフォン、門灯工事を完了し電気工事終了。ケイテックの田村さんは竣工図持参、さすが公共工事に強いケイテック、早い!。サッシ屋さんが窓サッシの取付調整を行い、建具の勝部さんも玄関ドア調整などを行う。最終仕上げが着々と進む様子に安心感と満足感がただよいます。
現在住んでいる住居の電気水道ガス停止連絡完了。全労済火災保険の価格を調べるとかなり安いことがわかり、連れ合いと相談開始。
あ、そうそう大事なことを書き忘れていました。今日一応建築物の引き渡しを行い、工事契約代金の残額をすべて原田建設に支払いました。残工事はありますが、住める状態になったということと明日の引越前に一応の区切りをつけるためです。

門灯設置工事を行うケイテックの加藤さん、この後田村さん来訪で皆でセンサー調整しつつの設置となりました。

火災保険

今日は頼んでいたヤマト運輸引越らくらくパックの事前パッキングの日。朝女性2人がやって来られ、午後3時半位までかかって梱包作業。プロは凄い、見る見る間にどんどん作業が進んでいくのは痛快です。連れ合いも仕事を休み、朝から梱包作業の手伝いに当たっていました。
工事現場は外部ブロック積み継続中。棟梁がやってきて玄関門扉の柱取付。
10時頃、原田建設の紹介で住友火災のKさん来訪、説明を聞いていると火災保険料がかなり高い。木造だからという理由だが、木造でも密集地のものとそうでないものでは違うし、土壁づくりの木造とそうでないものとでも違うのではないかと思う。保険会社は殿様商売をやっているのではないかとも思えてきた。

玉砂利

朝、雨水利用設備に設けたグリースチェンバーの水抜き清掃を自分で行う。施工から1月以上でゴミ、ムシ、砂等が溜まっており、結構時間がかかりました。その後、風呂場北側付近に用意していただいた玉砂利を自分で敷きました。今日は設備工と土方仕事の実演となりました。楽しくて家への理解が進むからいいものの筋肉痛が心配です。
10時半、現住居の公団の退居査定、洗面器一部破損等で2万円強とられることに。大工の奥村さん1人しか来ないので、これでは金曜日までに作業が終わらないのではないかと昼前に原田さんにクレームのファクシミリ。3時頃、左官の松田さん来訪で、玄関門扉付近のブロック積みを少し施工。

1013gaikou1013gaikou2
入口土工事進行中。北側入口アプローチの傾斜路も完成

1013furosoto

関係者のアイデアをいっぱい盛り込んだ雨水利用ヤード、井戸ポンプ、水洗トイレ用ポンプ、そしてこの雰囲気、言うことありません。

雨水タンク準備

朝一番でコンピュータ等の荷物運び。原田建設へ事務連絡のファクシミリ。
大工の三上さんは床の抜け節手当が一応終了。奥村さんは裏門通路の砂利敷き完了。
原田さん11時頃来訪で建物登記の件などを打ち合わせ。夕方、パイオニア設備の福岡代表じきじきに地下タンクの水抜き清掃。シャツズボンがだいなしになっての奮闘でした(ご苦労様)。その後の水張りでボールタップが働いていないことに気付きました。まぁ、水道水補給ラインは通常オフにしておくので問題なしといえばなしですが、後日ボールタップの位置調整をすることになりました。

1012gaiheki1012gaikou
下半分は黒塗装。外構もどんどん進行中

ウメモドキ

1011umemodoki世間は休みでも大工は休まずとのことで、奥村さん、三上さんはそれぞれの担当部分を継続。建具の勝部さんは奥様といっしょに来られ、引き戸の下部止めを据付。
外部の配色の件、北側の板壁色を考えた結果、アヤメ板部分は黒、下見板部分は木の色をそのまま活かしたクリアにすることに決めました。といっても塗るのは有田なので、自分でやりやすいように理由づけたという話もあります(苦笑)。

風に揺れるウメモドキ、だんだん家らしくしっくりしてきました。

植木2日目

今日も早朝から植裁。ドウダンツツジ、ウメモドキ、シラカシ等を植える。どれも素敵な木でとってもグ〜。
タイルの伊東さんはアプローチ階段部分のタイル張り。大工さんは5人、風呂外部、裏玄関の仕舞い、2F床の節埋めなど。連れ合いは朝から荷物を少しづつ移動。

1009shokusai1009tile
ドウダンツツジは逸品でした。タイル目地をつける伊東さん。

植木

曇。朝7時過ぎムシの知らせか現場に出向くと植裁屋さんのトラックが既に到着していました。あらかた場所を相談して堆肥混ぜから開始。こちらが化学肥料や薬品を使いたくないという趣旨を理解して下さり、炭入りバーク堆肥を用意してくれました。
南面擁壁付近には金目ツゲ、北側柵付近にはクルメツツジ、それに主樹としてメグスリノキ等というのが植裁内容ですが、メグスリノキは時期がまだ早いとのことで11月植え付け予定となっています。大工工事は外部板壁に棟梁と川並さん、2F床節埋めを三上さん。奥村さんと田辺さんは玄関アプローチの境界付近のコンクリート施工。脇野板金さんもいらして雨樋の補強工事。
昨日繋がらなかった電話回線は9時過ぎに試験通過で開通。新居ではISDN1回線で電話とダイヤルイン契約のファクシミリとしており、電話開通後、イーサや電話線を引き回し無事使えることを確認。原田建設やパイオニア設備等へ新しいファクシミリ回線で新電話番号を連絡しました。
そうこうしていると大津市企業局の検査担当員の方がキッチンを覗き込んでいるのに気付きました。聞けば、コンロのことで再チェックしたいとのこと。コンロ熱量が36000Kcalで、吸気能力が大丈夫かどうかも調べる必要があるとの話。有田宅では換気扇の能力も計算した上、差圧式吸気口を設け、窓の開口部分以外にも引き戸に通風ギャラリをつけるなど給排気に十分考慮しているので問題ないはずであると伝える。この大型コンロには法律規制以外の件でももっといろんな安全対策を採っていますから、どんとこい状態です(苦笑)。

1008shokusai1008shokusai2
北側はクルメツツジ。南はキンメツゲの生け垣

1008gaikou1008usui
入口付近の土工事をする奥村さん田辺さん。天水尊もつきました、タンク上部は濾過器です。

1008gaiheki1008gaiheki2
北側風呂場外の板壁完了。後は外観に併せて塗装するのみ

管工事おしまい

昨晩からの雷をともなった大雨で現場はビチョビチョかと心配しましたが、思ったほど でなく安心。大工の三上さんは今日は2F杉床の節埋め作業、奥村さんと田辺さんは玄関アプローチのタイル下地施工。午後から棟梁と川並さんが北側板壁作り。タイルの伊東さんは玄関アプローチのタイル張り。雨除けのシートを設営しての作業です。夕方原田さん来訪で、細かい指示を各業者へ伝えていました。
パイオニア設備の黒田さんは水道ガス残り工事の作業、午後から奥村さんも来訪でほぼ関連工事終了。とくに雨水タンクを井戸ポンプで水洗便所へ送るラインが完成し、トイレ用水は雨水や風呂の残り湯で賄われることになりました。地下に溜めた水は思ったよりきれいで現場に居合わせた全員納得と満足の一時。午後一番で北民家具4つ到着。午後終了のはずのISDN電話移転は管内故障で明日に延期。

1007extile1007yuka
タイル工事の雨仕舞いのため、シートをテント状にする伊東さん。抜け節には埋木で対処、大工の三上さんの仕事です

1007furo21007furo1
水栓・手すりなども設置。お風呂のタイルと木の色バランスもマル