POSTS by time-line

炊いたん 2つ

急に暑くなりましたね。お変わりございませんか。今回は食べ物の話。 関西とくに京都では煮ものを炊いたん(たいたん)と云います。煮たのか炊いたのか、いったいどっちやねんと云いたくなる名称ですが、関西特有の薄味のお出汁や煮汁を素材に含ませたもの、 続く

苔生す

小屋の屋根上の、雨上がりの苔がそこはかとなく美しい。よく見ると、いろんな種類の苔があり、見飽きません。(2018年6月24日@美山荘)

下地壁

竹小舞の下地を現しに、つまり土壁の骨格となる格子を視覚化した壁を下地壁といいます。この壁は戦前の中村外二棟梁の手によるもの。美しさについ見とれてしまいます。(2018年6月24日 @美山荘)

しぼ 皺

青もみじの葉の表面をピクセル大で観ると(クリック)、まるでシボ皮。驚いた。そのシボを漢字で書くと皺。あらら、シワじゃないですか。これまた驚き。そのシワの偏ってホンマにシボ模様!(2018年6月24日 @美山荘)

またたびの花

宿に入ると床の間の大胆な生け花が面白い。聞けば、マタタビ。花を見たのは初めてでした。 (2018年6月23日 @美山荘) (追記)写真好きの方へ。この写真はタンバールもどきの花影で撮影。中央の花にピント合わせても出てくる絵は幻想的で虚ろ。時 続く