ジーメンス株を売り買いする方法

.opnion

脱原発に大きく舵取りしたドイツの新エネルギー政策と、それを実質的に支えるジーメンスについて先日紹介しました。
株を買おうという人にとって、長期凋落を続ける企業や未だに原発推進企業がウヨウヨしている日本の会社より、ジーメンスの株の方が良さそうだという気持ちになるのも宜なるかな。昨日友人からジーメンスの株はどこで買えるのかとの質問があったこともあり、改めて整理してみました。

・・・

ジーメンスの株を買う方法は大きく2つ。ドイツの証券取引所で買う方法と、米国のニューヨーク証券取引所NYSEに出ているADR(米国預託証券)を買うやり方があります。つまり、現在フランクフルト市場などで取引されるクセトラ Xetra (Exchange Electronic Trading)で売り買いするのか、あるいは米国市場のADRで取引するのかということですが、基本的にはどちらもいっしょと考えて差し支えありません。

ただ、日本からドイツ市場で売り買いするのはEU圏に銀行口座と証券口座を持っていないと面倒ですし、香港やシンガポール経由では手数料が2重にかかってしまい、これもちょっと不利。日本からだと為替事情でもっと不利ですから、一般には米国のADRで売り買いする方が使い易いと思います。

米国のADRならわざわざ米国に証券口座を作る必要はなく、日本の楽天証券などでも取り扱っています。米国に証券口座を持っていない場合は、そちらを利用する方が楽でしょう(その分、売買手数料は高くなります)。

米国ADRにおけるジーメンス(シーメンス)のティッカーはSI。調べてみたところ、楽天証券では取り扱いがあり、1000株まではUS$26.25の売買手数料でした。制限はありますが、オンラインでトレードできます。米国で売り買いしたらUS$10前後〜ですから、まぁ高いと云えば高いけど、送金引き出し・口座の維持・やりとりが英語か日本語かという環境の違いを考慮すれば、日本からの取引の簡便さは魅力的です。

現在USADRで約100ドル、EUのXetraで77€(為替で計算すればいっしょ)。リーマンショックでドロップした落ち込みを既に半分以上解消していますね〜。強いなぁ。ちなみは私は現在、SIは持っていませんが、欲しい人は少しずつ買うといいかもしれませんね(売り買いを薦めるわけではありません、念のため)。

詳しいIR情報はご本家のHPで確認できます。ご興味のある人は、業績や配当などをチェックしてみて下さいまし。

(ご注意)
私は決してジーメンスの株が儲かる等と推薦しているわけではありません。いくら企業理念が素晴らしく事業内容が優れていても株価が上昇するかどうかは別次元の話。昨今のソーラー関連企業の株価下落に見られるように一歩先は闇です。