電線で一休み?

.EcoStyle .opnion

上を見上げると電線に鳥がいっぱい。ヒヨかメジロかと思ってよくよく見ると、ツバメ。あれ、ツバメって夏までだったんじゃないのかと訝しく思いつつ、あぁそうか、たぶん南下の途中なんですね。こんなの見たの初めて・・・。

・・・

ツバメは渡り鳥。スズメのような留鳥とは違い、寒くなってくると南へ旅立ちます。日本のツバメが向かう先は台湾、フィリピン、ボルネオ等のマレーシア、インドネシア方面らしい。

知くの電線に鳥がいっぱい。よくよく見るとツバメでした。

ツバメは夏を過ごした後、南へ向かうとありますが、具体的にいつ南に向かうのか私は全く知りませんでした。当日の朝一番、近くの電線にツバメがたくさん。あらら、こりゃ珍しい景色だな、これがツバメの南下なのかなと気づきました。

最初は一族郎党・全員集合で今から南方へ旅立つのかしらんとも思いましたが、北方面から下ってきたツバメがびわ湖を越えて小休止、というタイミングだったのかもしれません。これから向かう南にはもっと大きな海があるため、こどもツバメには良い訓練になったかも。

さてさて、この南下が日程通りなのか、それとも今年は度重なる台風の影響でずれ込んでしまったのか、私には知るよしもなし。ただただ無事に旅を続けてねと思う次第です。

願わくは旅の無事、ツバメたちに幸あらん。